ER看護師

ER看護師の人間関係について【ERは人間関係が良好な場所】

人間関係という言葉はどんな仕事、どんな職場や会社でもついて回る言葉ですね。その人間関係で嫌なこともあればいいこともあります。どちらかというと嫌なイメージをお持ちの方の方が多いと思いますがいかかでしょうか?

 

看護師の退職や転職の理由として多いのが人間関係

看護師になるとまだまだ売り手市場なので働くところは選ばなければたくさんあります。そして依然として看護師不足が続きホームページを持っている病院を見ると求人を出しているところが多く見られます。

 

それが理由かどうかはわかりませんがほんの些細な人間関係の悪さで辞めてしまい転々と転職を繰り返す看護師もいます。人間関係。それは看護師が退職や転職をする理由の中で多いのは確かです。

 

ERの人間関係はどうなのか?

女性の多い職場なのでやはりそれなりにギスギスしているところはあります。仲がいい人は仲がいいのですが、そうではない人たちとの差はあります。ERに勤務する看護師はベテランという域の看護師が多いです。常にいろいろなことに対して努力をしている看護師が多いのと仕事の面ではできる看護師が多いのとプライドも高いです。

 

当然「自分が一番」と思っている看護師もいます。お互いのそんな領域を侵さなければチームワークはとても良く患者さんの救命という一つの目標に向かって突き進むことができ良い結果が生まれます。これは病棟勤務の時に経験したことがないことです。

 

プライベートでは全く付き合いがなくても仕事の上ではとてもスムーズに進んでいると思います。ER看護師は自分に自信があるので自信過剰なんではないかと疑問の声も上がってくると思いますが、決してそんなことはなく謙虚だと思います。

 

なぜなら経験上、油断をしていると事故が起きることがわかっているからです。

 

そのことは皆よくわかっているので、自信を持って望み謙虚さに帰る。見ていると不思議にみんながそんな感じで仕事をしています。

 

患者さんのことに関してはチームダイナミックスが発揮されとても気持ちの良い関係です。いじめという問題が学校だけではなく職場でもありますよね。いじめというのは陰湿でいやらしいものです。

 

絶対に許されない行為ですが、何故かERにはそんないじめがありませんし聞いたことがありません。

 

ERの平均年齢は病棟より高いので当たり前の話ですが人間としてやってはいけないということがわかっているからです。それがお互い仕事をする上でやりずらくなり患者さんに悪い結果が出るのを皆恐れているからなんですね。よく言えば自分たちの力はそんな余計なことに使わずに患者さんのために使いたいと思っているからなんですよ。

 

どうでしょうか?うるわしいとまではいかなくても患者さんのために一つの目標に向かうのがER看護師であって本来の姿なのです。いいも悪いもこれがER看護師の真の姿であり職場内ではそれなりの人間関係が構築されています。

 

ER看護師の人間関係は患者さんのためなのです。今そんな中にいることができて自分としてはとても幸せです。

 

ER(救急看護師)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料