ER看護師

ER看護師になるためにすべきことは【看護学生の方や別の科の方へ】

日夜病院や色々な施設で働いている看護師さん、ある時は教室で授業を受けある時は実習で一生懸命に頑張っている看護学生の皆さん。今はどんな思いで過ごしていらっしゃるのでしょうか?

 

家族のために一生懸命な看護師さん、将来を見据えて頑張っている看護師さん、とりあえず働けるところで働いて今は現状維持で働きたいと思っている看護師さん、いいところがあれば転職を強く希望しながら働いている看護師さん、早く卒業したい、国家試験が終わって少しはスッキリしたい、資格を取って早く働きたいと思っている看護学生の皆さん。思いはそれぞれですね。

 

そんな様々な思いの中に将来ERで働きたい、救急部門で働くことを夢見ている、大学病院の救命センターで働きたいと思っている方々に対してアドバイスというほどではないのですが私が今まで経験してきたこと感じてきたことを救急を目指す方々に対して少しでも参考になるなら参考になってほしいという思いから今回はお伝えしたいと思っています。

救急を目指す看護学生の皆さんへ

救急はどの病院の看護部門として花形です。ゆえに大学病院などの大きな救命センターなどは新卒者の中で希望部署のナンバーワンです。新卒者ばかりではありません。院内で何年間も救命センターで働きたいと思っている既卒者の看護師さんもたくさんいます。

 

どちらを優先するかというのは病院の中で人事権を握る看護部長や看護部の幹部の皆さんだと思います。このような大きなところでは救急部門だけではなく他の部署例えば病棟などでも教育体制は整っていると思います(他の病院が教育体制がなっていないという意味ではありません)。

 

とかく新人看護師さんで救急部門に配置されたとしても何もできないかもしれませんが、プリセプター制度が整っていれば大変な苦労があるのを覚悟すれば乗り切れることが出来ると思います。今はその基礎である学校の授業はどれを取っても無駄な授業なんて一つもありません。全部吸収し基礎を徹底的に築き上げてください。

 

学校の授業よりも臨床で学ぶことの方が身につくしその方が大切と私は思い学校の授業をおろそかにしてしまったことがありました。これは今でも取り返しがつかないどころか大きな後悔の念に包まれてしまいました。臨床実習も同様です。実習は大変ですし、レポートの提出に追われることばかりです。

 

しかし生で臨床に触れるチャンスは学生のうちはそんなに多くはないと思います。「将来は救急を目指すのだから老人看護の領域の実習なんてどうでもいいや」と思って実習に望んでいる学生さんはいないと思いますが少しでも思っていたら言語道断です。今は少子高齢化の影響で救急搬送される患者さんは高齢の患者さんがとても多いのです。

 

高齢の方の病態生理、特徴などをしっかり学ばなければ良いアセスメントができず結局患者さんのために何もしてあげられなくなります。先ほどもお伝えいたしましたが無駄なことは看護学校で一切ありません。大変かもしれませんが全て自分のために患者さんのために学んでいただきたいと思います。もし自分が救急を希望しても希望の通りにいかないことなんて日常茶飯事です。

 

希望部署に配属されなかったことは何か意味のあることだと思ってください。遠回りになりますが将来のことを考えて勉強と経験を積んでいけば希望は叶うことだってあるのです。せっかく苦労して取得した看護師の資格なのに希望の部署に配属されなかったと嘆くよりはその中で将来の夢を叶えようと頑張っている先輩看護師さんもたくさんいます。私もその一人だったのですから。

他の科で働いていてERを目指す方々へ

現在ERで働いていますが、救急は二つ目でした。最初の理由としては特に理由がありませんでした。たまたま大きな総合病院に転職できたので救急と漠然と答えてしまいました。これが私が一番最初に救急部門に勤務した理由でした。アメリカの番組で「ER」という番組が流行っていたのでそのまま頭に浮かんでしまい部署の希望を聞かれた時そう答えたにが始まりでした。

 

それが今ではさらに救急に力を入れている病院の北米型のERに勤務することができました。他の部署で働いて将来救急を希望したい、勤務したいという方も少なくないと思います。経験は積まれている方ならあとはそこの部署のルールや取り決めを覚えてしまえば十分通用すると思います。救急に特化した講習会や外傷などを学んだ方がさらにいいと思います。

 

内因性の患者さんばかりでなく外傷の患者さんも結構多いので内科系の経験しかないならぜひ勉強してみてください。看護師ならJNTECやJPTECさらにそれらの上位コースとしてITLSがあります。私はITLSのアクセスコースというコースのインストラクターをしています。コースに参加すると多くの消防隊員や救急隊員、救助隊員、ごくわずかですが医師や看護師さんに指導をします。

 

色々とお伝えいたしましたが、職場は違っても同じ救急で働く夢が叶って患者さんのために働いていけたらいいですね。

 

ER看護師になりたいなら転職するのが確実

ER看護師に今すぐになりたいのであれば、転職することが確実です。

 

転職を希望するなら転職サイトのマイナビ看護師を利用するのがおすすめです。

 

私も東日本大震災を機にいてもたってもいられなくなり、ER勤務ができる病院へ転職しましたが、その時、マイナビ看護師の担当者の方には本当にお世話になりました。

 

マイナビ看護師はすごく丁寧に対応してくれ、希望をしっかり聞いてくれて無理な転職を薦めてきません。給料交渉、面接対策までもしてくれて、本当に頼りになる会社です。おかげで希望の部署につけましたし、給料や待遇もアップすることができました。

 

転職を希望されるのであれば、ぜひ利用してみてくださいね。

 

無料登録は以下より
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料