ER看護師

どんな人がER看護師に向いているか?進路判断について

まずどんな人が看護師に向いているか?ということからお話をさせていただきたいと思います。

 

ER看護師も病棟や他の医療施設で働く看護師と同じ資格です。働く部署が違うだけです。広い意味での看護師ですよね。

 

看護師は責任職

看護師は責任ある仕事です。またその重さはとても重いものがあります。例えば勤務はシフト制です。夜勤もあります。日勤や夜勤を休んでしまったらどうなるでしょうか?

 

業務が回らなくなり何よりも患者さんに迷惑がかかってしまいます。かわりに出勤できる人を探さなくてはいけなくなります。そして業務に大きな支障をきたしてしまいますね。

 

理由が本当にやむおえないことのほかはシフトに穴を開けてしまっては大変なことになってしまいます。自分一人の責任では済まされなくなってしまいますね。勤務表ができたらそれに備えて万全にしなければなりません。体調も含めてです。

 

それだけ看護師のシフト勤務は責任重大です。冒頭からかなり厳しいことをお伝えしてしまいました。でもやはり患者さんの命を預かっているのですからそういう話をしなければなりません。ご家庭や小さなお子さんをお持ちの方はもしかして家庭に事情があったりあるいはお子さんが急病になってということがしばしばあるかもしれません。

 

そんなことを想定して主任や師長にそうなった時のことをよく前もって相談しておいたほうがトラブル回避ができるかもしれません。スタッフとも日頃よりコミュニケーションを取っておきましょう。

 

いうまでもなく少なくても自分自身は心身ともに健康でなければ患者さんを看護することができません。一つ一つの業務は患者さんに直に影響を与えます。その責任についても看護師は背負っています。

 

看護の世界も進歩しています。

私も自分の看護に役立つ研修会や講習会には時々参加します。お金や時間がかかってしまうものもあります。自己学習も大切ですし院内や部署ごとでの勉強会も積極的に参加したりします。医学も看護の世界も常に進歩しています。

 

忙しい業務でもアンテナを張って何らかの形で勉強するという向学心も持ち合わせなければなりません。勉強することそして知識や技術を持つということは患者さんのために還元できることなのです。もちろんスキルアップする自分のためでもあります。将来は看護のどの方向に進もうと必ず役に立ちます。自分のため=患者さんのためなのです。

 

どんな看護師がERに向いているか?

ERにはいろいろな患者さんが救急車で運ばれたりウォークインで来院したり実に様々です。痛がっている患者さん、苦しいと訴えている患者さん、ぐったりとしている患者さん、大泣きしている小児の患者さん。本当に色々です。

 

その中でも惑わされずに冷静に対処、判断しなければなりません。とかく救急は急いで何でもかんでもやらなくてはいけないというイメージや考えがあると思います。そのような時も実際にあります。慌ただしい雰囲気にまた自分に飲み込まれないような冷静さを持ち合わせることが必要です(慌ててしまうとミスをしやすくなりますからね)。

 

看護師が焦っていたり戸惑っているとそれが患者さんや患者さんの家族にまで伝わってしまうものです。ただでさえ患者さんは不安でいっぱいなのにそれに追い打ちをかけてしまいます。その逆に混乱をしている中落ち着きを払って行動している看護師は患者さんや患者さんの家族にまで安心感を与える他、周りのスタッフや医師たちにも良い影響を与えます。

 

特に初療室というところに運ばれる患者さんはそこで最初にいろいろな診察や処置を受けます。バタバタと忙しい雰囲気の中その傾向が強いです。

 

好奇心もあったほうが良いです

常にERでは先進的な診断、治療を行っています。救急の手から患者さんが離れてからもさらに各科によって専門的な治療が開始されます。患者さんも内科的なものから外傷まで一つの科にとらわれることはまずありません。

 

幅広い知識と幅広い機転が利く必要性があります。忙しいER業務や忙しい日常においてもたくさんの好奇心を持つことが必要です。人工呼吸器は私が資格を取った頃は大きくてアナログ的な人工呼吸器でした。

 

ところが現在は持ち運びができるほど小さくなり性能が格段と向上しました。どこがどう変わったのだろうか?患者さんに使用した時にどのように効率よく酸素化をしているのだろうか?換気するセッティングはどのようにして操作するのだろうか?人工呼吸器一つとってもいろいろな不思議が湧いてきます。

 

逆にそのようなことが湧いてこない方がおかしいと思いませんか?知るべきこと知らなくてはいけないことは無数にあります。大変かもしれませんが一つ一つ探究心を持ってあたっていきたいものです。

 

ER看護師に向いてる人 まとめ

いろいろとお伝えしてしまいましたが最後にまとめてみたいと思います。

 

心身ともに丈夫なこと、責任感が強いこと、どんな時も落ち着いた行動ができること、好奇心があり勉強熱心で常に前進していこうとすること。

 

私もまだまだそんなER看護師を目指して頑張っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料