ER看護師

ER救急看護師として働く人はどんな人?すぐ辞める人が多いか?

病院や施設には色々な部署があります。どの部署もその部署なりの大変さや苦労するところが必ずあります。

 

救急も例外ではありません。しかし皆知識も経験も多いのでどんなに忙しくても力を合わせて乗り切っています。

 

ER救急で働く看護師はどんな人が多いか

ズバリ言います。私見ではありますが経験が必要です。

 

やはりERは新人看護師さんには少し厳しいかもしれませんね。

 

点滴や注射、お薬の投与、特殊検査の準備や介助、心肺蘇生処置、人工呼吸器の準備指示を受けての設定など命に関わるたくさんの手技があります。さらに救急ではけがをしている患者さん、病気で来院する患者さん両方の患者さんが救急車や自家用車やタクシーなどできます。

 

その中でも脳外科の患者さん、内科の患者さん、循環器の患者さんなど疾患様々です。色々な部署での勤務経験がなければ今もの患者さんに何が起きているのか?次に何をしなければいけないのかがわからない時があります。

 

今ではどの病院の救急外来もトリアージを行っているところが多いです。

 

トリアージをして即時に対応しなければならないのか?待たせることができる患者さんなのかを判断して行動しなければなりません。そして手技ばかり長けていても勤まりません。患者さんやその家族の方々にも精神的なケアが必要な場合があるので精神的ケアができる看護師さんがいいですね。

 

このように皆が皆そうではありませんが即時の判断力や行動ができない人は病棟勤務はできるかもしれませんが救急に向いているかと聞かれれば「NO」と答えるしかありません。即時に判断、行動ができる人、精神的なケアができる人が救急では働いています。

 

救急で長く勤務できているか?すぐ辞めるか?

これに関してはかなり両極端です。

 

私みたいに救急にこだわり勉強して長く勤務している方も多いです。その逆に「自分には向かない、このスピードにはついていけない」とすぐ辞めてしまうか他の部署への勤務異動を希望する方も少なくありません。

 

どんな部署でもそうですが楽しいと思えれば長く続けられます。私個人はこの部署が大好きでこれから他の部署で働きたいとは思いません。

 

確かにひっきりなしに来る救急車、自家用車やタクシーで来る患者さん、食事をする間もなく動き回っている時間が多いです。そんな中でも「自分が必要だからたくさんの患者さんが来るんだ」という自負と誇りが救急で働く看護師は持っています。自分の信念と責任感がある看護師が多いと思います。

 

それが看護師自身のやりがいや生きがいとなり長く続けられると思います。その逆ですがすぐ辞めてしまう方はやはり自分に救急は適正がないと感じた看護師さんです。

 

それとやはり新人看護師さんがいます。残念ながら今年ですが私たちのERに初めて新人さんが入職しましたが「仕事が厳しい、忙しすぎる」との理由で脳外科病棟に異動してしまいました。

 

新人の看護師さんが全員救急に向いていないということではありません。根性という言葉は救急では通用しません。

 

ど根性が必要です。食い下がり貪欲に熱心に勉強や業務に当たっている新人看護師さんもたくさんいます。そんな新人さんなら頑張っていけるでしょう!

 

ER看護師になりたいなら転職するのが確実

ER看護師に今すぐになりたいのであれば、転職することが確実です。

 

転職を希望するなら転職サイトのマイナビ看護師を利用するのがおすすめです。

 

私も東日本大震災を機にいてもたってもいられなくなり、ER勤務ができる病院へ転職しましたが、その時、マイナビ看護師の担当者の方には本当にお世話になりました。

 

マイナビ看護師はすごく丁寧に対応してくれ、希望をしっかり聞いてくれて無理な転職を薦めてきません。給料交渉、面接対策までもしてくれて、本当に頼りになる会社です。おかげで希望の部署につけましたし、給料や待遇もアップすることができました。

 

転職を希望されるのであれば、ぜひ利用してみてくださいね。

 

無料登録は以下より
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料