現役ER看護師による解説サイトです。ER(救急)看護師になるための方法、業務解説、給料、体験談など

ER看護師の非常勤、単発勤務のメリットについて

働く勤務形態は幾つかあります。自分自身のライフワークに合わせた働き方ももちろんできます。

 

常勤、非常勤(パート、アルバイトを含む)、派遣勤務などがあります。私はもちろん今の病院では常勤勤務しています。かつてはいろいろな病院や老人施設などに非常勤や派遣で勤務したことがあります。小規模ながらも救急外来の非常勤勤務もしたことがあります。

 

 ライフワークに合わせた看護師の勤務形態

看護師の世界は男性看護師が増えてきているとはいえまだまだ女性の職業、女性の世界という感じです。

 

女性のライフワークの中にはやはり多いのが結婚や妊娠出産、育児が多いと思います。それらのイベントによっては常勤勤務から退職したり部署を変えたり勤務形態を変えることが多いことでしょう。

 

私が勤務するERでも妊娠した看護師さんが二人ほどいました。二人とも産休まではERに勤務していましたがつわりやお腹が張ったりといった症状で休んだりしたことがありました。

 

もちろんですが重い患者さんを抱きかかえたりレントゲンの検査にも入ることができません。二人とも常勤ですごく頑張って働いていました。出産後は夜勤ができないことや育児のための時間の制約によって勤務形態は常勤のままでしたが一人は比較的に定時で仕事が終わる一般外来、もう一人は透析室へと異動してしまいました。

 

しかし看護師をやめるつもりはないということなので時々あってはいろいろな話をすることがあります。

 

病院や施設によってこのように個々の事情に合わせた勤務形態に合わせてくれたり都合の良い部署への異動が可能なところがあります。幸いにしてマタハラということも聞いたことはありません。でも残念ながら全くないということはないみたいですね。

 

非常勤勤務、単発勤務のメリットとは

非常勤・単発勤務のメリットは常勤のように煩わしい人間関係に振り回されることが少ないことでしょうか。

 

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、単発勤務で勤務した時に自分ではここは合わないすごく自分にとって嫌な人がいる。と感じたところが多々ありました。派遣会社での求人でいったところでした。求人が年中出ていました。しかし自分は行きたくなかったので二度目はありませんでした。

 

あとは経験がいろいろとできることです。非常勤勤務や単発勤務を掛け持ちで幾つかしている時期がありました。どんなところに勤務していたかというと一般病院の外来や救急外来(一次救急に少し毛が生えて程度の病院でしたが)、二次救急の手術室、小児救急電話相談、老人施設(デイサービスや老人ホーム)、障害者施設、精神病院の日勤や夜勤などです。

 

そこで経験したことや得た知識は今でも自分の中では宝物になっています。貴重な経験であり今後も色あせることなく看護業務に生かせます。

 

時間の短縮勤務がしやすいということが挙げられますね。契約した時に午前中だけ夕方の四時頃までとはっきりさせることができるからです。常勤だと人員配置の関係でこのような時間の契約というものはかなり難しいと感じます。それと言い忘れてしまいましたが時給がいいことがあげられます。

 

非常勤勤務、単発勤務のデメリット

時間給がいい割には保証がありません。厚生年金や健康保険などの加入ができないことです。(条件によってはできる場合があります)看護師不足が続いてはいますが非常勤勤務者が病院や施設の都合で退職を余儀なくされる場合があるとは思いますが私はまだそんな話は聞いたことがありません。

 

しかし人員配置や人数の関係によってそういうことは全くゼロではないということを覚えていてくださいね。

 

単発勤務に関しては派遣会社を通じての勤務が主ですが単発勤務の求人が限りなくあるということはありません。またいい求人は皆が飛びつくのですぐになくなってしまいます。良質な求人ばかりではなく「これではいくら看護師を募集しても来るはずないな」という過酷なところ(人間関係を含む)もあります。

 

救急外来やERに関して言えば求められるのは迅速な行動と豊富な看護師としての経験と卓越した看護技術です。

 

私が行ったところはそんなに過酷なところはありませんでした。あまりにの忙しさでミスをすることがあり重大な事故になりかねません。ちなみにそんなことから現在勤務しているERでは非常勤看護師や単発でくる看護師はいませんし採用はしないとのことでした。すなわち初めてや時々行く場所の救急での勤務は危険ということになります。

 

ERでの非常勤や単発勤務の今後は

個人的な見解になってしまいますが看護師不足が続く限りそういう働き方や求人は今の所なくなることはないかなと思います。試しにインターネットで探してみたり看護師の派遣会社に聞いてみたところあるということでした。いろいろなリスクやメリット、デメリットもお伝えしてきました。

 

でも自信のある看護師さんや経験をこれからどんどん積んでいきたい看護師さんには挑戦していただいてもいいのではないかと思います。かつての自分のように。

 

参考:沖縄や離島でのんびり看護師として働きたいなら【沖縄の看護師求人サイト】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料