現役ER看護師による解説サイトです。ER(救急)看護師になるための方法、業務解説、給料、体験談など

ER看護師になるための転職はどうすればいいか?求人情報

テレビを見ていると最近転職サイトのコマーシャルが多いですね。

 

私も実は転職サイトのお世話になって今の職場に転職をしました。転職サイトの存在を初めて知ったのは大分前ですが売り手市場のこの世界に斬新的なビジネスだなと感じました。簡単に転職サイトのカラクリを説明すると登録した利用者(転職希望者)は紹介を転職サイトから受けます。

 

転職サイトはマッチする職場を案内してそこに利用者が就職すればその会社から転職サイトの会社にお金が支払われます。

転職は気軽にとは言えません。

転職して今の職場は四つ目です。その前の転職は自分でインターネットで探したりただ漠然とした直感で探して転職をしていました。

 

その時は「いい病院だここにしばらくいたいな」と思いました。しかしやっぱり自分のやりたい仕事ではないなあと感じてしまい、その後の仕事はつまらなく感じてしまっていました。ただ、とりあえず生活のこともあるし、次の転職先に行こうとしても、短期で辞めてしまってはどうせすぐにやめてしまうだろうと思われても嫌なので石の上にも三年という諺があるように三年は頑張ろうと思いました。

 

結局、初めの職場は四年半働きました。そこでは最終的にICUで働いていました。

悔しい思いに自分の将来を考えた

私はこのサイトとは別に新人看護師さん向けにブログを書いています。

 

そこでもご紹介させていただいていましたが、私は東日本大震災が発災したきっかけで、ボランティアで医療支援活動に参加しようと思っていました。しかし、当時勤務していた師長の考えは遠い外国で起きた出来事のような考えで、私のやろうとしたことに許可はしてくれませんでした。

 

参考:看護師としての将来の目標を決めるきっかけについて

 

こんなことでいいのだろうか?もし自分自身が被災者だったらと思うといてもたってもいられない思いでした。文字通り悔しい思いでいっぱいです。

 

これからはこんな悔しい思いをしないように災害にも力を入れている病院を探して転職し被災者の方々のために力になりたいという純粋な考えから転職を決めました。パソコンもインターネットも普及している時代なので転職先はすぐに見つかるだろうとタカをくくっていました。

 

ところがなかなかいいところと思えるところが見つからず悶々としていました。転職先を探しているうちに転職サイトのホームページにたどり着きました。閲覧しているうちに登録の画面になったので軽い気持ちで登録をしたら翌日は日勤だったのでその夕方転職サイトの方から電話がかかってきました。

 

最初は正直、日勤後でもあったので「めんどくさいな今頃」といった感じでした。

 

しかし、それは自分の運命を変えてしまう電話だったといっても過言ではない出来事だったのです。

 

電話に出ると「ご希望の病院があります。詳しくお話をさせていただきたいので当社のオフィスまで来ていただけないでしょうか?」と。

 

ある休日の日スーツに身を包み履歴書、看護師免許証、筆記用具を持参して赴きました。綺麗な開放的な空間で緊張感は少しほぐれたのをおぼえています。

 

早速希望にあった病院のリストを持ってきてくれて見せてくれました。

 

通勤の便と給料それと勤務部署を救急と決めていたので特に迷いはありませんでした。あと希望する病院に面接の日程を決めたいので都合のいい日時を教えてくださいと言われ伝えて三十分待ったあとに面接の約束までしてくれたのです。

 

少しびっくりしましたが、先のことが少し見えてきたのでうれしかったです。

 

二つの病院に絞ったのですが転職サイトの方から「この病院は面接でこのことを聞かれるので答えられるようにしてください」とメモ書きを渡してくれました。当日も面接する病院まで付き添ってくれてとても頼もしく思いました。

 

結果は見事採用を勝ち取ることもできました。もちろん配置部署はERです。勤務して翌年にはDMATにも抜擢され災害派遣のスペシャリストにもなれました。給料も上がり至れり尽くせりとはまさにこのことでした。

 

ここで私がお世話になった転職サイトのご紹介をさせていただきたいと思います。

 

CMでもおなじみの「マイナビ看護師」という会社です。

 

首都圏にオフィスがありとてもきれいな会社でした。担当になっていただいたのは男性二人でしたがどちらかが休みや外出でも対応できるようにとのことでした。転職サイトは看護師を転職させて報酬を得るというシステムなので強引だったり希望しないところを紹介されるということもあるので注意が必要です。

 

しかしこのマイナビ看護師のエージェントの方は全くそんなことはありませんでした。納得がいくまで相談に乗ってくれましたし「この病院はこれから救急部門を新しくするので救急の経験者や希望者を探しています」など情報も豊富に持っていました。

 

⇒ER看護師に転職するならマイナビ看護師

目標と強い信念があれば転職は成功する

悔しさが大きかったことがきっかけの転職活動でした。はっきりとした目標、これからの自分を考えた時の信念があればそれと「マイナビ看護師」があれば転職は必ず成功させることができます。安易な理由での転職だったらしない方がいいと思いますし、考えが固まってからの方がベストです。

 

時々ですが当時のエージェントの方々に近況報告もしています。感謝に絶えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料