現役ER看護師による解説サイトです。ER(救急)看護師になるための方法、業務解説、給料、体験談など

どうすればER看護師になれるのか

看護師として働いていれば働く部門部署働く施設などは様々です。どんなところで働きたいかは個人の希望や適性、病院の事情などで決められると思います。いくら自分がこの部署やこの病院で働きたいと希望しても望み通りいかないこともあります。そんな経験をされた方も多いと思います。

 

私もその一人です。私の経験で大きな労災系の病院のERに勤務したいと思い面接に行きましたが不採用でした。しかしそのあとも転職をした時は救急で働きたいと希望部署を伝えたところその希望は叶いました。

病院の事情にもよる

どこの病院も救命センター、ER、救急外来など呼び名は違えど救急部門は人気があります。大学病院などの救命センターなどは希望しても数年待ちということを友人から聞いたことがあります。私が転職に失敗した労災系病院のERも高い人気でなかなか入れないことがあとからわかりました。このように過剰すぎる人気で救急部門に入れないということがあります。

 

次になかなか空きがないということです。先ほどもお伝えしたように病院の救急部門は非常に人気のある部署です。退職するにしても結婚や出産、家庭に事情などの理由以外で退職したり勤務異動の希望をだす看護師が少ないのです。

 

私が勤務する病院のERもここ数年ほとんど同じメンバーで勤務異動した仲間は出産のため透析室に行ったり病棟勤務になった看護師でした。

看護師の適性やキャリアにもよる

例えばですが老人施設の経験者がいきなり救急部門で働きたいという希望があった場合どうでしょうか?老人施設では緊急手術や緊急入院、緊急による処置などはありません。いきなり救急に配属されても多分戸惑ったりわからない手技ばかりです。これでは本人にとって苦痛にすぎません。病棟などでじっくり色々なことを時間かけて取得した方が将来救急で働きたい働くんだと思っても決して遠回りにはなりません。

 

看護学校を卒業して資格をとったばかりの新人さんにも同じことが言えます。しかしマンパワーに余裕があり教える側にも余裕があれば配属ということが考えられます。私の病院のERに精神科の経験しかない看護師さんとまっさらな新人さんが入職しましたが精神科の経験しかない看護師さんはERのこのスピードにはついていけないと二カ月で辞めてしまいました。

 

新人さんはやはりこちらでも教えなくてはいけないことがたくさんあり本人も覚えなければならないことがたくさんありやはりついていけず脳外科の病棟に勤務異動してしまいました。とても残念な出来事でした。

やはり経験と努力がものをいう救急部門への勤務や就職

経験は積んでいかなければならないものです。努力は自分自身で行うもので自分次第です。これをお読みになっている新人看護師さん、救急とは全く関係ない施設などで将来救急で働きといと思っている看護師さんへ。救急部門は非常に多忙な部門ということはすでにお分かりだと思います。救急は内科的な疾患ばかりの病人だけではありません。命に関わる外傷の患者さんも訪れる場所です。

 

看護師とはいえたくさんの知識、手技、判断力を求められます。いきなり救急部門を希望するより将来この部署を希望するなら病棟などの部署で経験を積まれて研鑽されることをお勧めいたします。手術室、外科病棟、脳外科病棟、内科病棟、ICU、一般外来。血管造影室などこの私もこれらの部署で経験してきました。もちろん経験だけではありません。自己学習も嫌ほどやってきました。
遠回りと感じるかもしれませんが救急部門で働きたいと思ったらこのような道の進み方をお勧めしたいと思います。そして将来救急部門において貴重で大きな戦力になることは間違いないと思います。

結局はどうすればER看護師になれるのか

まず救急で求人を募集しているところを探しましょう。いくら自分が研鑽を積んできた看護師でも級人がなければ働くことができません。院内で救急部門があるならば勤務異動の希望や相談をしてみてはいかがでしょうか?表だって勤務異動者を募っていない場合があります。

 

思い切って相談してみてもいいと思いますよ。救急の求人を探す場合私も苦労をしました。なぜならお伝えしたようになかなか空きがなかったのです。「病棟ならいつでも求人はありますが 救急は充足しているので空きはありません」と断られたことが多かったです。

 

インターネットで救急を有している病院を探しましたが、結局見つからずたどり着いたのが転職サイトでした。五分くらいで登録が終わり翌日携帯電話にその転職サイトの方から連絡をいただいて希望の病院は幾つかありますと言われ首都圏のその転職サイトのある会社まで行きました。本登録をそこで済ませ希望する病院を選んでその日になんと面接の約束までしてくれたのです。面接の結果見事に採用を勝ちとり給料まで上がりました。

 

自分でER看護師になるための転職活動は限界があり早くにも壁にぶち当たります。

 

ER看護師になるための方法として転職サイトで求人をさがしてもらうことも覚えていてくださいね。私もその成功者の一人なのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料