ER看護師

ER看護師の夜勤業務について

看護師の仕事というのは不規則な場合が多いです。日勤、夜勤深夜勤、準夜勤、休日出勤、夜間や休日などの呼び出しなど世間的なカレンダーのような動きとは異なりますね。今回は私が勤務するERの勤務体制や夜勤についてのお話をさせていただきます。

大体誰でも経験する夜勤

病棟勤務なら日勤があり夜勤がありますね。ERにも夜勤があります。病院が救急指定を受けている救急病院だからです。

 

私は看護師の養成所に通学している時から看護助手として働いていた時から夜勤をしていました。そこからを含めると夜勤の経験年数はかなり経過しています。救急病院や入院設備のある病院や老人施設も種類によっては看護師が夜間も常駐している施設があります。看護職員として夜勤を経験される方は多いと思います。

夜勤と言われる時間帯とは

病院や施設によって大きく分けると夜勤は三交代や二交代に大別されると思います。私が最初に勤務した病院は二十四時間勤務すなわち朝の九時に出勤して翌朝の朝九時までの勤務でした。これはかなり前のことなので現在はこんな看護師の勤務体制をしている病院はないと思います。

 

三交代制なら朝8時半?17時、夕方の16時半?23時、深夜23時?朝8時半。
二交代制なら朝8時半から17時、16時半から朝9時まで。

 

若干の違いはあるとは思いますがこんな感じだと思います。

昼間よりも夜の方が激戦です。

それには理由があります。平日の昼間は近隣の医療機関が診療をしています。私が勤務する病院も一般外来が機能しています。患者さんはそれらのところに流れていきます。ところが夜間は一般外来は終了しています。具合が悪くなった方は救急病院を受診せざるおえなくなりますね。

 

ある救急隊のお話だと私の勤務する病院は夜どこも患者さんを受けてくれないので夜間は頼りにしているというお話をいただきました。嬉しいお話ですがそのお話のように夜間は救急要請の電話が鳴り止みません。看護師が四人、救急医が通常三人から四人でERは機能しています。それでも人数的には足りない時が多々あります。どこの救急外来も同じような事情ではないでしょうか

ERの夜勤のあらまし

夕方の4時半から日勤者から申し送りが始まります。現在ERに滞在している患者さんのこと救急要請の有無、日常業務に関することなど簡単に引き継ぎが行われます。それが終わると夜勤者は管理薬のチェック備品や機器の定数などを数えます。

 

夕方の5時になるとその夜の夜勤者がERに集まり全体ミーティーングをします。各科の医師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、各部署の責任者一同が顔合わせをして何か変更がないか確認し合います。正確には私の病院はそこから夜勤体制が始まります。そんな間でも横から救急車の要請や救急車がきて患者さんが運びこまれてきます。

 

ER看護師は決まりではないのですが救急車側とウォークインで来院する患者さんを担当する側に分かれます。おおまかな担当なので手が空いた方はお互いを手伝います。

 

休憩時間は夕食が約30分くらいで仮眠が1時間半くらいです。しかしERはその日その日の患者さんの数が違います。すごく忙しい時や患者さんや救急車が少ない時がありますのでその時間、何時に夕食を食べるとか、何時から仮眠ですよという決まりが全くありませんというか目処が立たないので決めることができないのです。夕食も食べれなかったりするのは多々あります。

 

食べれても夜中の一時とか二時とかもあります。仮眠は休憩室にソファーがあるのでそこに枕や毛布がありそこにごろ寝します。それでも忙しくなると仮眠中でも起こされます。夜勤明けの日はみんなグッタリですが心地良い充実感に包まれます。

夜勤は大変だけれど

病棟でもERでも夜勤はそこの部署なりに大変です。楽なことはありません。気を抜けば事故や間違いを起こしてしまいます。神経も体力も患者さんや家族への配慮など気も使います。

 

でも看護師になって働けば患者さんを任されるという大きな責任が生じてしまいます。夜間は人間の体のサイクルに逆らって働いていますので精神的にも体力的にも追いつめられることが多いですね。でもそんな時私はなんでこの仕事をしているのだろうか?なんで看護師になったのだろうか?振り返ればそんなものは吹き飛んで行ってしまいます。

 

看護が好きだから看護師という仕事が好きだから人が好きだからという声が自分の中で聞こえてきます。それがまたどんなに辛い中でも厳しい中でもその声が自分をまた明日への看護師としての自分を奮い立たせます。後悔はありませんし体の続く限りこの仕事をしていきたいと思っています。その道のりはいろいろあります。いろいろな働き方もあります。夜勤に従事する看護師さんは体にも気をつけて無理をしないことも忘れないでくださいね。

 

ER看護師の業務解説 カデゴリTOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料