ER看護師

ER看護師の勤務時間について

看護師の仕事も従事している方々はほとんどが不規則な勤務時間だと思います。日勤、夜勤、日曜祝日、急な呼び出しなどがありますね。 入院患者さんがいないところや施設によっては日勤しかないところがありますが、それ以外は勤務時間の形態が様々でその中で皆さんや私も頑張っています。 今回は私が勤務しているERの勤務時間を紹介したいと思います。

ER看護師の勤務時間 日勤編

私たちのERの日勤は朝八時半から始まります。
8時半 夜勤担当者からの引き継ぎ
八時半から夜勤のリーダーから申し送りが行われます。その時は師長がいる場合は師長も交えて行われます。昨日からの引き継ぎの内容、業務的なことなどです。例えば「全体朝礼が明日開催されます」「医師の変更があります」「勉強会が今日の夕方からあります」などを周知させます。 それから患者さんの申し送りが行われます。今現在ERに滞在されている患者さんの申し送りが日勤者全員に申し送りをします。 「患者さんはどんな状態でいるのか」「検査はどこまで進んでいるのか」「入院予定か帰宅予定かもし救急車が来る場合おおよそ何分くらいで来るのか」等を簡単に伝えます。
ER内の 物品、備品、機械のチェック 夜勤担当者帰宅
八時半から日勤は仕事の開始ですが、申し送りが終了した後はER内のチェックが始まります。 物品の補充、備品の定数のチェック、機器のチェック、救急カートのチェック、環境整備を行います。九時前になり、ER内に患者さんがいた場合夜勤者から引き継ぎます。夜勤者はこれで業務は終了して帰宅します。
午前 日勤業務
日勤者は患者さんの状態に応じて医師の指示を受けながら治療や検査、観察などを進めていきます。その間もERの平日は救急車の受け入れがメインになりますので救急車の対応に医師とともに行います。救急車などがそんなにこなければ午前十一時半になったら交代で昼食を交代で45分ずつとります。その間残ったメンバーでER内に残り対応しています。
昼食後 午後の業務
交代で大体昼食が終わったら引き続き救急車が来ればその対応を行います。落ち着いていれば個人学習をしたり電子カルテの見直しをしたり電子カルテで院内の重要な連絡事項も記載されているのでそのチェックも行います。それと午前中にできなかった業務の残りを済ませてしまいます。
夜勤者に引き継ぎ 帰宅
夕方の四時半になったら夜勤者に引き継ぎが始まり夕方の五時で日勤の業務は終了です。

ER看護師の勤務時間 夜勤編

夜勤は夕方の四時半から開始です。
日勤者からの引き継ぎ 患者さん受入れ
日勤者から引き継ぎを受けてER内に滞在する患者さんの状態や入院か帰宅かなどを同じように医師の指示を受けながら治療や検査を進めていきます。その間も救急車が来ればその対応を行います。 ERの夜勤で大変なところは日勤は主に救急車の対応で済みますが、夜勤の場合は一般外来や近隣の医療機関が終わってしまうため具合の悪い患者さんや急な怪我をしてしまった患者さんが自家用車やタクシー、近隣の方々は歩いてくる方、すなわち自力で来る患者さんも多いのです。その患者さんの対応にも追われてしまいます。 救急車だけの対応なら限られた人数の中で医師の協力も得て業務を進めていけますが、自力で来院する患者さんの中には重症の患者さんが隠れている可能性も高いので必ずできるだけ早くトリアージに行かなければいけません。
夕食、休憩時間は不規則
ERの休憩時間や夕食の時間は特に決まっていません。救急車や患者さんが途切れた時かめどが立った時交代で四十五分ずつ夕食休憩をとります。夕食が深夜になったり食べれなかったりすることもありますので空腹との戦いがおこります。 仮眠の時間も認められています。大体一時間半くらいですがもちろん忙しければ仮眠もなかったり、少ししかなかったりすることも多いです。個人的には深夜の12時を回っても患者さんや救急車が多ければ仮眠は諦めモードに入ってしまいます。 そんな時はほんのちょっとした空き時間をでもあれば椅子を並べて足を伸ばします。これだけども疲労回復します。あとは栄養ドリンクをのんで朝まで頑張ります。逆に救急車や患者さんが少なければのんびりと過ごすことができます。 忙しいときと暇なときの差はERの勤務の特徴でしょうか、かなりの差があります。
夜勤が終わり 日勤者に引き継ぎ
こうしているうちにやがて夜が開けて日勤者との交代です。精神的、体力的にも疲れますが無事に長時間働いたあとは充実感と心地よい疲労感に包まれながら帰宅の途につきます。

ER看護師の勤務時間 日曜 祝日の日勤編

日曜日や祝日の日勤も平日とは違うことがあります。夜間と一緒で一般外来の診療は行っていません。近隣の医療機関でも同様です。患者さんは救急で受診できるところERや救急外来のある病院に受診するしかありません。 私の勤務するERも救急車よりも自力で病院を受診する患者さんがとても多いです。できるだけ早く同じようにトリアージして重症か軽症か判断しなければなりません。このように勤務時間によってERは特徴があります。 でもどんな時間帯においてもすべて患者さんのためという気持ちで私たちER看護師は働いています。 ER看護師の業務解説 カデゴリTOPへ
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ER看護師に転職するなら


 
TOP 業務解説 ER勤務体験談 ER看護師になるためには ER看護師の給料